ボニックプロもボニックも、健康コーポレーション株式会社が販売しているボディケアマシーンです。
でも、この2つのマシーンって何が違うのでしょうか?

 

今回は、ボニックプロとボニックの違いについて調べてみました。
こちらの表をみてくだしあね!

 

機能を比べてみたよ

 

  ボニックプロ ボニック
画像
サイズ 約90×115mm 約90×115mm
本体の重さ

本体:約263g
充電台:約65g

本体:約255g
充電台:約65g

RF(ラジオ波)機能 あり なし
キャビテーション あり あり
EMS 可変式EMS採用 EMS採用
同時出力モード

RF+キャビテーション
EMS+キャビテーション

通常EMS採用
コードレス対応 充電式 充電式
防水対応 防水 防水

 

機能が充実

 

ボニックプロがボニックと違うのは、ボニックが超音波機能とEMSという2つの機能の組み合わせなのに対して、ボニックプロは、EF(ラジオ波)、キャビテーション、EMSの3つの機能を使うことができます。

 

その分、本体重量は、ボニックプロのほうが約10gほど重くなっていますが、片手で持っても、そこまで違いはありません。

 

EMSが可変式

ボニックプロのEMSは、周波数が自動的に変化します。
ボニックは、EMSを流すことはできましたが、周波数が単一だったため、ずっとリズムが同じでした。
このため、EMSのピリピリ感が気になるというう口コミも・・・。

 

しかし、ボニックプロは、単一の周波数ではなく、自動的に周波数が変化することで、極力EMSの痛みが軽減されています。
これによって、押したりする感覚、揉んだりする感覚、叩いたりする感覚が自動的に変化するので、筋肉に対して負荷をかけやすくなります。

 

 

ボニックプロは2つのモードを搭載

 

また、ボニックプロ独自の機能として、キャビテーションと他の機能を同時に出力できるモードがあります。
ボニックは超音波とEMSの同時刺激でしたが、ボニックプロは、身体を温めながらHOTモード(RFとキャビテーションの組み合わせモード)と、SHARPモード(キャビテーションとEMSの組み合わせモード)の2つのモードを選択できます。

 

簡単にいってしまえば、ボニックプロのほうが機能が多いということです。

 

 

値段は?消耗品も含めるとコスパはどう?

 

機能性を見ると、ボニックプロのほうがおすすめできるわけですが、では、値段はどうなっているのか比較してみます。

  ボニックプロ ボニック
最安値

3回契約時
21,680円

3回契約時
17,880円

12本まとめセット時 43,652円 34,952円
公式サイト ボニックプロ公式; ボニック公式